ブライダルヘアについて

July 25, 2018

こんばんは♡

 

毎日本当に暑いですね...!本格的な夏が始まりましたね。

あっという間に7月もあと1週間。

来週にはついに8月に入りますね!

 

夏・秋ウェディングの方は、いま準備で大忙しでしょうか☆

 

私は去年の9月末の挙式だったので、

ちょうど一年前の今頃は招待状の発送をしていました。

式場との打ち合わせや決めなきゃいけないことが増えてきた頃でもあります。

 

さて今日は結婚式でのヘアスタイルをご紹介したいと思います♡

 

今ってオシャレなヘッドドレスが沢山ありますよね!

定番のティアラはもちろん、生花やビジュー、リボンなどなど。

 

ですが私は迷わず、生花のかすみ草のヘッドドレスにしました!

かすみ草の華奢で繊細な雰囲気が好きで、ブーケも合わせてかすみ草にしました。

ドレスはシンプルなものを選んだので、バランスを考え、かすみ草のボリューム多めで仕上げてもらいました。

ベールとの相性もばっちりでした☆

 

お色直しでのヘアチェンジは、ダウンスタイルにしました♡

1枚目と2枚目の写真を比べてお気付きの方もいらっしゃるかな?

実は、お色直し中に前髪をカットしてもらいました!

より雰囲気をガラっと変えたくて、

遊び心というか、冒険心というか、そんな気持ちからカットをお願いしました。

ゲストの方にそこまで気づいてもらえたかどうかは...分かりませんが♡笑

 

ヘッドドレスはこちらも生花で白バラとブルーファンダジー(かすみ草の紫バージョンのようなお花)の組合せ。

カラードレスの色とブルーファンダジーの色が合っていい感じになりました。

 

お花は、スタイリストさんに「絶対生花でやろう!」と言われて生花にしました。

式場提携のお花屋さんがあったので、別途打ち合わせをしてそちらで注文をしました。

 

生花は扱いに慣れていないと難しいし、お値段が張りますが、確かにそれだけの価値はあったと思っています♡

生きているお花なだけあって、色味がしっかりとしているし、

造花では表現できない花びらの繊細さは、生花ならではだと思うからです。

もし迷われている方がいたら全力で生花をオススメします!♡

 

 

結果的に、どちらも本当に大満足のヘアアレンジになりました♡

それが実現できたのも、いつも通っているヘアサロンのスタイリストさんにヘアセット全てをお願いしたからだと思います。

実は私の式場選びのこだわりの1つが「スタイリストさんの持ち込みができる式場であること」だったのです。

式場には専属のスタイリストさんがいますが、プロの方とはいえ、やはり数回会っただけの方に髪質や好みを理解してもらうのは難しいのではないかと思ったのです。

 

女の子として「ドレス」と「ヘアスタイル」にはどうしても妥協したくないという思いがあったので

大事な日のヘアセットを信頼できるスタイリストさんにお願いすることは必須項目だったのです。

 

ヘアサロンへ数回打ち合わせを行って、ヘアカラーから相談をしました。

長年の付き合いなだけあって、私の好みや髪質(私、強い癖っ毛なんです...)を十分理解した上でセットしてくれました。

 

実際のところ、スタイリストさんには、ヘアセットだけでなくメイクもやってもらい

さらには、介添えさんの役割まで担ってもらい

(式場の介添えさんもいたので、実質介添えさんが2名いた感じになりました笑!)

本当に感謝しかありませんでした。

 

結婚式が満足のいくものになったのは彼女のおかげ、と言っても過言ではないです。

 

 

これから式を迎えるプレ花嫁さん

それぞれ色々なこだわりポイントがあると思います。

こだわることはとても良いことです!

人生で一度きりの結婚式ですから。

 

打ち合わせで最終的な見積書をもらうと、「これもこれも削らなきゃ」と、夢が崩れ去るような気持ちになると思います。

でも、そんなときこそ「これだけは譲れない!」というものをもう一度思い出してください!

「やっぱもっとこうすればよかった...」と後悔することが一番悲しいことです。

あなたのこだわりをぜひとも実現させてくださいね!

 

 

 

 

商品に関するご相談やその他お仕事のご依頼などもお待ちしております♡

 

Contactフォームからお問い合わせ下さい。

 

https://www.yume-murir.com/

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​Blog

today's

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 26, 2018

September 30, 2018

September 11, 2018